サ行

再騎乗(さいきじょう)とはレース中に落馬して競走を中断した騎手が、 再度馬に乗って競走を続行すること。

記事の続きを読む »

スクミとは筋肉が炎症を起こしたり筋肉痛が悪化したりしておこる筋肉硬直の馬の病気のこと

記事の続きを読む »

仕掛ける(しかける) とは騎手が馬にスパートさせること

記事の続きを読む »

スパイラルコース とは第1、第3コーナーのカーブへの入りが緩やかで、 後になるほど急になり、最終的に第2、第4コーナーを

記事の続きを読む »

総流しとは連勝式勝馬投票券の買い方の一種のこと

記事の続きを読む »

再審査とは調教が十分でない馬や健康に支障があると認められる馬に対して馬体の審査のこと。

記事の続きを読む »

下がり馬(さがりうま) とは成績が徐々に落ちてきている馬、 ピークが過ぎて、下降線を辿っていると思われる馬のこと。

記事の続きを読む »

勝負服(しょうぶふく)とはレースに出走する馬に騎乗する際に、 騎手が着用するユニフォームのこと。

記事の続きを読む »

挫跖(ざせき)とは走行中に後肢の蹄の先端を前肢の蹄底にぶつけた時、 石などの硬いものを踏んだ時などに、蹄底におきる炎症の

記事の続きを読む »

ジリ脚とは切れる脚がなく、終いもジリジリ伸びる脚を使う馬のこと。

記事の続きを読む »

ソラをつかうとは、レースや調教時にふとしたことから馬の気が散り、 走ることに集中力を欠くことをいう。

記事の続きを読む »

ざせきとは、走行中に後肢の蹄の先端を前肢の蹄底にぶつけた時、 石などの硬いものを踏んだ時などに、蹄底におきる内出血をいう

記事の続きを読む »

ズブい馬とは馬自身が積極的に走るタイプではなく、騎手が手綱をしごいたり、ステッキを入れるなどを加えないとレースの流れにつ

記事の続きを読む »

装鞍所とは馬体重の計量、個体鑑別、健康検査、蹄鉄の検査などが行われる所。 その後、あらかじめ騎手が持って検量された鞍を装

記事の続きを読む »

レースや調教の終盤のことを「しまい」という。「上がり」とも呼ぶことがある  

記事の続きを読む »

三分三厘とは3~4コーナーの中間付近の勝負どころの意味。 ゴールまで660メートル地点、600メートル地点 ゴールまでの

記事の続きを読む »

ソエとは、急激な調教や過度の調教、装蹄の悪い場合などによく起きる 管骨瘤や管の炎症の若駒によく見られる症状。

記事の続きを読む »

差し脚とは、一般にレース中、後方の一団に位置し最後の直線走路やレースの後半で速い脚を使って、 前にいる馬を交わすこと。

記事の続きを読む »

笹針治療とは、「三稜針」という針を用いて、急性の筋肉疲労(コズミ)でうっ血している部分に施し、 刺激によって新陳代謝をう

記事の続きを読む »

一般に言われている調教のことだが 調教といっても他の動物の場合と違って馴らすこと以外に走る能力を引き出すこと、 走る能力

記事の続きを読む »

1 2

ページ上部に